からだ・こころ・くらし

2-3)くらしについて


もしもの時に備えましょう

 

マイカルテを作りましょう

 ● 非常時に備え、検査データやくすりの名称を把握しておきましょう。


他の病院に受診したら?

 ● 処方されたくすりと抗HIV薬の飲み合わせについて、かかりつけの病院や薬局に確認しましょう。

2021sec132.jpg

職場や住む場所が変わったら?

 ● 近くにある通院可能な病院が全国にあります。住む場所や職場が変更しても、通院が途切れないように通院先について病院に相談しましょう。
 ● 医療費助成の手続きが必要な場合もあるので、早めに病院に相談しておきましょう。

2021sec132-2.jpg


海外に行くことになったら?

 ● 時差がある国に行く場合は、内服時間を確認しておきましょう。
 ● 携帯するくすりによっては、診断書の提出を求められることがあります。
 ● HIV感染症に対する入国条件がある国があります。渡航前に各国の大使館や、外務省 海外安全ホームページなどを参考に情報を確認しましょう。


HIVのくすりを紛失したら?

 ● 紛失したくすりの再処方及びくすりの代金は、全額自己負担となります。
「被保険者が保険医より薬品の授与を受け、持ち帰りの途中又は自宅において薬品を紛失 したために(天災地変の他やむを得ない場合を除く。)保険医が再交付した場合は、その薬剤の費用は、被保険者の負担とする。」と法令で定められています。(平16保医発0227001)

HIV薬は高額ですので、くすりの管理には十分に注意しましょう。

 


 

著作権について

当サイト内のコンテンツ(文章・資料・画像・音声等)の著作権は、特に記載のない限り、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターまたは第三者が保有します。営利、非営利を問わず、当サイトの内容を許可なく複製、転載、販売などに二次利用することを禁じます。