からだ・こころ・くらし

長期療養時代をあなたらしく過ごすための6つのヒント


一緒に考えていきましょう。


1. 定期的に病院に通いましょう

HIV感染症と診断されてから治療しないままでいると徐々に免疫が下がり、いろいろな病気(日和見疾患・ひよりみしっかん)にかかる可能性があります。自覚症状が無くても定期的な診察や検査で体内の変化を確認しましょう。
通院の目安:
治療開始前は月1~2回
治療開始後、安定したら2~3か月に1回

2. 治療(飲みくすり)を続けましょう

治療は、病気の進行を遅らせて、日和見疾患の発症を予防するだけでなく、心血管系等の他の病気の発症予防が期待できます。くすりの飲み忘れに注意しましょう。

3. 感染を予防しましょう

風邪などにかからないよう、日頃から手洗いやうがい、マスクをしましょう。
血液・体液が他の人の傷口や粘膜に直接触れないよう注意しましょう。触れた場合はまず流水で洗いましょう。
治療により、体内のウイルス量を減らし、検査でウイルス量が測れないくらい少なくなった状態を維持できると他者へのHIV感染が予防できると言われています。 詳しくはHIV感染症と他の性感染症の関係(U=U)を参照してください。

4. よりよい習慣を身につけましょう

高血圧、糖尿病などの生活習慣病やがんなどの合併症予防・管理が大切です。
食生活の見直し、禁煙、節酒
体重測定、血圧管理
適度な運動習慣、睡眠リズムの見直し
 記録をつけると経過が分かりやすいです。
定期的に性感染症検査を受けましょう

5. こころの健康つくりについて

治療と生活(学業や仕事など)の両立は、簡単ではありません。
両立に必要な体と心のケアを始めましょう。
ひとりで悩まずに、医療スタッフや患者会、NPOなどと相談しましょう。

6. くらしについて

治療の進歩により、慢性疾患となり、病気の告知を受けた時とは、異なる悩みや不安があるかもしれません。仕事や住まい、老後を含め、自分がどこで誰とどんなふうに暮らしていきたいか、長期療養時代をあなたらしく生きるために医療者や身近な人と話しあっていきましょう。

 


 

著作権について

当サイト内のコンテンツ(文章・資料・画像・音声等)の著作権は、特に記載のない限り、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターまたは第三者が保有します。営利、非営利を問わず、当サイトの内容を許可なく複製、転載、販売などに二次利用することを禁じます。