からだ・こころ・くらし

1-3)感染予防について


日常生活を送るための感染予防

 

~[うつらない]ために~


CD4数が200/μL以下の食生活について

 ● 生野菜・果物はよく洗いましょう。
 ● 生肉・貝類は火を通してください。
 ● 井戸水、わき水を避け、沸騰した水を飲むようにしましょう。


~[うつさない]ために~


HIVは血液、精液、膣分泌液などに含まれています。

 ● カミソリ、歯ブラシ等の共有は避けましょう。もし、血液が付着した場合には流水でながしましょう。
 ● けがをした場合には、自分で処置をしましょう。もし難しい場合には手袋などをして、血液には直接触れないように手当をしてもらいましょう。
 ● 血液等がついたものを捨てる場合は、他の人が触れないよう、ビニール袋に入れて、口をゆわいて捨てましょう。
 ● 衣類等の洗濯は通常通りで問題ありません。血液汚染がひどいようなら0.1%の次亜塩素酸ナトリウムに30分以上浸してから洗濯してください。
 ● 血液製剤や、インスリン注射等で使用した針は専用の容器などに入れ、病院に持ってきてください。
 ● 献血はできません。


HIVの感染力は、非常に弱いです。


 ● HIVは、唾液、尿等にも含まれますが、微量なので感染の心配はありません。
 ● HIVは熱や消毒に弱く、人の体の中に入らなければ生きていけません。家庭や学校、職場での日常生活では感染しません。


こんなことではうつりません



 

著作権について

当サイト内のコンテンツ(文章・資料・画像・音声等)の著作権は、特に記載のない限り、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターまたは第三者が保有します。営利、非営利を問わず、当サイトの内容を許可なく複製、転載、販売などに二次利用することを禁じます。