ACC診断と治療ハンドブック

参考図表

薬剤耐性変異表

Last updated: 2022-09-29

逆転写酵素阻害薬(NRTI・NNRTI)耐性に関与する逆転写酵素の変異

1-04-1-1.jpg

プロテアーゼ阻害薬(PI)耐性に関与するプロテアーゼの変異

1-04-2-1.jpg

インテグラーゼ阻害薬耐性に関与するインテグラーゼの変異

1-04-3-1.jpg

*上記表中の網掛けはmajor mutationを示し、薬剤感受性に大きな影響を与える。
 それ以外の変異はminor mutationと呼ばれ、major mutationに追加される事で耐性度を上昇させる。
*minor mutationのみが見られる場合には、major mutationが検出できていない可能性も考慮する。
 治療効果によって、耐性検査の再検を考慮する。

図表:抗HIV治療ガイドライン2022年3月版を参照 https://hiv-guidelines.jp/2022/part01.htm
参考:各耐性関連変異については米国Stanford大学の下記のサイトを参照。

NRTI resistance Note https://hivdb.stanford.edu/dr-summary/resistance-notes/NRTI/

NNRTI resistance Note https://hivdb.stanford.edu/dr-summary/resistance-notes/NNRTI/

PI resistance Note https://hivdb.stanford.edu/dr-summary/resistance-notes/PI/

INSTI resistance Note https://hivdb.stanford.edu/dr-summary/resistance-notes/INSTI/

 



著作権について

当サイト内のコンテンツ(文章・資料・画像・音声等)の著作権は、特に記載のない限り、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターまたは第三者が保有します。営利、非営利を問わず、当サイトの内容を許可なく複製、転載、販売などに二次利用することを禁じます。