からだ・こころ・くらし

HIV感染症の治療

1.抗HIV療法

HIVの増殖を抑え、作用の異なる抗HIV薬を組み合わせて内服します。
 治療の目標は、ウイルス量を検出限界未満 (TND:Target Not Detected)を目指し、維持することです。

自覚症状がないなどを理由に放置すると、HIV感染症の進行だけでなく、心疾患・肝疾患・腎疾患などの発症率が増加するといわれています。

2.日和見疾患の予防・治療

CD4数によって、発症する可能性のある日和見疾患の予防や治療を行います。

必要な検診

● 眼底検査・・・・特にCD4数200/mL以下
● 子宮がん検診(女性の場合)・・・・・半年~1年1回

治療開始基準

世界のガイドラインでは、CD4数に関係なく、すべての患者さんへ治療が推奨されています。

● ただし準備が必要です。
病気や治療の説明を受けたり、合併症の治療や妊娠などとの調整、医療費対策について医療者と話し合いましょう。

cARTのルール

cARTは、キードラッグとバックボーンから一つずつ選択します。
現在、初回治療で推奨される組み合わせは下記の通りです。