からだ・こころ・くらし

長期療養時代をあなたらしく過ごすための 6つのヒント

治療を続けていく環境が整うよう、一緒に考えていきましょう。

1. 定期的に病院に通いましょう

自覚症状がなくても定期的な診察や検査で体の変化を確認出来ます。
おおよそ、治療開始前に、月に1~2回、治療が安定したら2~3ヶ月に1回、診察を受けます。必要な検査を通して経過を確認しましょう。

2. 治療(飲みくすり)を続けましょう

飲みくすりの治療は、病気の進行を遅らせたり、他の病気の発症が予防できるといわれています。
また体の中のHIVが減ると他の方への感染を防ぐことが期待できます。


3. 感染を予防しましょう

他の病気にかからないよう、手洗いやうがい、マスクをしましょう。
血液・体液が他の人の傷口や粘膜に直接触れないように注意しましょう。

4. よりよい習慣を身につけましょう

高血圧、糖尿病などの生活習慣病やがんなどの合併症予防・管理が大切になってきました。
 食生活の見直しや禁煙、節酒
 体重管理、血圧測定、適度な運動習慣
 睡眠状態の見直し など

5. こころの健康つくりについて

治療と生活の両立を続けていくうえで、ときには不安になったり、ライフイベントによってストレスを感じたりすることもあるでしょう。
治療が進歩しても、誰にも病名を伝えていない人もいますが、一方で、身近な人に病気を打ち明けたり、打ち明けを考えている患者さんも増えてきました。
ひとりで悩まずに医療スタッフに相談しましょう。

6. くらしについて

患者さんの多くが、学業や仕事を続けながら、治療を受けています。
趣味など社会とのつながりを通して、生活に メリハリをつけている患者さんもいます。
長期療養時代をあなたらしく過ごすために、医療者や身近な人と話し合っていきましょう。