トップ > ACC研修のご案内

ACC研修のご案内

更新日:2019年4月11日

ACC研修

ACCでは、HIV感染者の診療・看護等の実務を担う医療従事者の育成と全国的ネットワークの構築を目的として、エイズ治療・研究開発センター研修(ACC研修)を開催しています。2019年度は以下の7コースを開催します。

 

コース・プログラム対象・定員コースの概略

1. 1週間コース
(基礎コース+応用コース)

医師プログラム

薬剤師プログラム

看護師プログラム

  • 医師

 :6名程度

  • 薬剤師

 :4名程度

  • 看護師

 :4名程度

基礎コースの内容に加え、各職種ごとの専門的な講義、専門外来・病棟等における実習・見学、さらに当事者との対話を通じて患者理解を深めることができるコースです。

2. 歯科コース

プログラム

    • 歯科医師
    • 歯科衛生士
    • 歯科看護師

 :合計9名程度

講義、専門外来・病棟等における実習・見学、さらに当事者との対話を通じて患者理解を深めることができる、専門的な研修です。

3. 基礎コース

プログラム

    • 全職種

 :合計20名程度

HIV感染症診療の基礎について短時間で学ぶためのコースです。

4. アップデートコース

プログラム

    • 全職種

 :合計40名程度

既にHIV感染症診療に携わっている医療従事者を対象に、直近数年間の情報(治療ガイドライン・新規薬剤など)に絞って、効率的に知識をアップデートするためのコースです。

5. 1ヶ月コース

プログラム

    • 看護師

 :2名程度

コーディネーターナースとしての実務に関して学ぶコースです。1週間コースの内容に加え、実際の相談対応や患者教育、連携・調整活動にコーディネーターナースとともに参加することで、包括的な療養支援に必要な技術を学ぶことができる、より専門的なコースです。

6. 周産期・小児医療コース

プログラム

            • 全職種
              • (医師,薬剤師,助産師,看護師,社会福祉士,保健師等)

 :合計40名程度

HIV感染女性の妊娠・出産および小児の診療・ケアに特化したコースです。

7. 地域支援者コース

プログラム

              • 全職種
                • (社会福祉士,保健師,訪問看護師,ホームヘルパー,施設等職員,行政職員等)

 :合計40名程度

長期生存時代のHIV感染者の療養支援、医療機関との連携について学ぶコースです。
  • 従来の「短期コース」は「基礎コース」に改称しました。
  • 1週間コース(5日間)の連続受講が難しい方は、原則として同年度内で、基礎コース(全職種共通・基礎部分・2日間)と応用コース(各職種ごと・3日間)で受講回を分けて申し込むことが可能となりました。
  • 基礎コースを修了された医師、薬剤師、看護師の方も、原則として同年度内で、応用コースの受講を申し込むことが可能となります。

 

 学会認定制度

ACC研修の修了者は、受講した講習の種別に応じて、日本エイズ学会「学会認定医・指導医」、同「認定HIV 感染症看護師・認定HIV 感染症指導看護師」、日本病院薬剤師会「HIV感染症専門薬剤師」「HIV感染症薬物療法認定薬剤師」の認定取得・更新の際に必要となる単位を取得することができます(各コースの受講により取得可能な単位数は、各認定団体のウェブサイトやACCウェブサイト内・学会認定制度ページ 等でご確認ください)。

 

2019年度ACC研修の開催日程と申込方法

2019年度の開催日程は以下のとおりです。全コース、2019年4月1日より募集を開始しております。

以下の希望するコースの事前エントリーより必要事項をご登録ください。登録内容が記載された申込書を、事前エントリーで登録されたメールアドレス宛にACC研修相談係(seminar@acc.ncgm.go.jp)よりお送りします。申込書に所属長、所属施設長等の捺印と追加事項を記載の上、指定する提出書類と併せて各コース/開催回の応募締切までにご郵送ください。受入可否は当該研修開始1ヶ月前頃にメールにて通知します。

※事前エントリーできない、メールが受け取れない等、ご利用できない環境にある方はACC研修相談係までご連絡下さい。

コース2019年度開催日程応募締切(必着)

1. 1週間コース
(基礎コース+応用コース)

1.事前エントリー

分けて受講を希望される方

1-2.事前エントリー

  1. 2019/06/03–06/07
  2. 2019/07/01–07/05
  3. 2019/09/02–09/06
  4. 2019/10/07–10/11
  1. 2019年4月26日(金)
  2. 2019年5月24日(金)
  3. 2019年7月26日(金)*
  4. 2019年7月26日(金)*

2. 歯科コース

2.事前エントリー

  1. 2019/06/03–06/05
  2. 2019/07/01–07/03
  3. 2019/09/02–09/04
  4. 2019/10/07–10/09
応募締切(必着)
    <
  1. 2019年4月26日(金)
  2. 2019年5月24日(金)
  3. 2019年7月26日(金)*
  4. 2019年7月26日(金)*

3. 基礎コース

3.事前エントリー

  1. 2019/06/03–06/04
  2. 2019/07/01–07/02
  3. 2019/09/02–09/03
  4. 2019/10/07–10/08
  5. 2020/01/23–01/24
  1. 2019年4月26日(金)
  2. 2019年5月24日(金)
  3. 2019年7月26日(金)
  4. 2019年9月6日(金)
  5. 2019年12月13日(金)

4. アップデートコース

4.事前エントリー

2019/09/20(金) 2019年8月16日(金)

5. 1ヶ月コース

5.事前エントリー

要相談 (ご希望の方は早めに御相談ください)

6. 周産期・小児医療コース

6.事前エントリー

2019/11/08(金) 2019年10月4日(金)

7. 地域支援者コース

7.事前エントリー

2019/10/18(金) 2019年9月13日(金)
  • 例年、第3回・第4回に希望者が集中することから、やむを得ず受講をお断りしなければならない場合があります。可能な方は第1回・第2回の受講をご検討ください。
  • 各コース、締切後に欠員が生じた場合等に追加募集・受付を行う場合があります。追加募集・受付の場合は受入可否のメール通知が研修開始1ヶ月前より後になる可能性がありますので予めご了承ください。
  • 基礎コース第5回**は、国立病院機構本部が主催する「HIV感染症研修会」と同一内容です。北海道・東北ブロック・関東甲信越ブロックに所属する国立病院機構施設の職員は、別途同機構本部において募集する研修会に応募してください。
  • 応用コースの受講者選考にあたっては、1週間連続受講を希望される方を優先します。

開催場所

国立研究開発法人国立国際医療研究センター

受講料等

ACC研修の受講料は無料です。

旅費等は各自ご負担下さい。エイズ拠点病院職員における旅費(交通費、宿泊費)申請等については、所属施設または都道府県等のエイズ対策業務担当課に確認してください。

テキスト・必要資料

テキスト等必要資料は研修開始時に配布します。

流行性ウイルス性疾患に関するワクチン接種について

1週間コースと歯科コースは、 研修プログラムに国立国際医療研究センター病院 病棟・外来での実習が含まれるため、研修開始までに「易感染性患者入院診療科病院実習誓約書」(当院書式)(PDF:189KB)をご提出いただいております。

「麻疹」「水痘」「風疹」「流行性耳下腺炎」の4疾患に関しては、「2回のワクチン接種歴」、あるいは(2回のワクチン接種歴が確認できない場合)「抗体陽性の確認」が求められます。

  • 2回のワクチン接種歴があれば、抗体陽性の確認は不要です。
  • 抗体価の検査方法は、原則として EIA 法とします。「抗体陽性」の基準は、「麻疹 EIA法16以上(PA法1:256以上)」「水痘 EIA法4以上(IAHA法1:4以上)」「風疹 EIA法8以上(HI法1:32以上)」「流行性耳下腺炎 EIA法4以上」となります。
  • 抗体価および検査方法の記載がある抗体検査証明書を取得し、その写しを誓約書に添付してください。
  • 記載された検査結果が検査限界未満(陰性)であった場合には2 回(1回目と2回目を28日 以上あける)、陰性ではないものの基準以下の場合には 1回のワクチン接種を実施していただき、 接種日を記載してください。

お問い合わせ先

ご不明点がございましたら、下記研修相談係までお問い合わせください。

郵便番号:162-8655
住所:東京都新宿区戸山1-21-1
国立研究開発法人国立国際医療研究センター
エイズ治療・研究開発センター
医療情報室 研修相談係

電話番号:03-3202-7181(内線2323)
ファクス:03-3208-4244(直通)
E-mail : seminar@acc.ncgm.go.jp

このページのトップへ