トップ > 医療従事者の皆様へ > 学会認定制度

学会認定制度

学会認定医・指導医、HIV感染症看護師・HIV感染症指導看護師(日本エイズ学会)

平成24年度より、日本エイズ学会に「学会認定医・指導医」および「学会認定HIV感染症看護師・HIV感染症指導看護師」の制度が設けられました。

詳細は日本エイズ学会のウェブサイトでご確認ください。

日本エイズ学会へ(外部サイトにリンクします)

なお、ACCで開催している研修(医師コース、看護師コース、短期・基礎コース等)は、認定・更新要件に含まれる「教育研修プログラム」として認められており、参加することにより所定の点数が付与されます。

HIV感染症専門薬剤師・HIV感染症薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)

HIV感染症専門薬剤師制度は、社団法人日本病院薬剤師会が認定する専門薬剤師のひとつです。

HIV感染症診療に用いられる薬剤(抗HIV薬、日和見疾患治療薬)には、薬物相互作用が多いものや重大な副作用を有するもの、他領域での使用頻度が少ないものが含まれます。また長期にわたる抗HIV療法を成功させるためには、それぞれの抗HIV薬の特徴を理解し、各患者の特性に配慮して最適な薬剤を選択する必要があります。

HIV 感染症専門薬剤師は、HIV 感染症治療における薬物療法に関する高度な知識、技術、倫理観を備え、患者の意思を尊重し、最適な治療に貢献することを理念とし、HIV 感染症に対する薬物療法を有効かつ安全に行うことを目的としています。

HIV感染症専門薬剤師制度の詳細については、日本病院薬剤師会のウェブサイト内、「専門薬剤師制度」のページをご覧ください。

日本病院薬剤師会へ(外部サイトにリンクします)

ACCで開催している研修(薬剤師コース、短期・基礎コース、アップデートコース)は、HIV感染症薬物療法認定薬剤師の認定申請・更新申請資格に定められた講習会に該当します。

ACC研修会情報へ

このページのトップへ