メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 受診者の皆様へ > 外来受診のご案内

外来受診のご案内

更新日:2017年8月4日

外来受診のご案内

エイズ治療・研究開発センター(ACC)では主に、保健所や他の病院などで受けた検査でHIV感染が判明し紹介された方を対象に診療を行っています。HIV感染に早く気付くことには、大きなメリットがあります。HIVに感染しているかどうかまだわからない方、感染しているかどうか不安な方、HIV検査を受けるかどうか迷っている方は、まず保健所やHIV検査センターなど、無料・匿名でHIV検査を受けられる機関で検査を受けることをおすすめしています。無料・匿名で検査を受けられる施設は、HIV検査相談マップ*(外部サイトへリンクします)でご確認ください。

検査を受けてHIV感染が判明したものの、様々な事情により受診まで時間がかかってしまう方がいらっしゃいます。HIV感染症の治療は日々進歩しており、適切な治療を受ければ長期生存が可能な病気となっています。逆にHIV感染症を放置すると免疫力が低下し、命に関わる合併症を発症してしまう場合もあります。紹介状を受け取ったら、できるだけ早く専門の医療機関を受診することをお勧めします。

 *「HIV検査相談マップ」は、厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業 「HIV検査相談体制の充実と活用に関する研究」班が運営しているサイトです。

受付時間

  1. 外来診療時間:8時30分から午後5時15分
  2. 初診受付:8時30分から午後2時*
  3. 再診受付:予約制

* 初診日は、全身の状態を把握するための診察・検査に長い時間がかかります。午後に初診の受付をなさった場合、必要な諸検査の待ち時間がより長くなる可能性 が高いほか、当日中にすべてを終えることができず翌日以降に再度ご来院いただく必要が生じる場合があります。できるだけ午前中早めの時間帯(11時まで) に受付していただくようお願いいたします。受診の際は診療情報提供書(紹介状)をご持参ください。

外来診療休診日

土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12月29日から1月3日)

  • 受診される際は、保険証・各種受給者証(公費医療受給者証、医療券等)を必ずご持参ください。
  • 当院の受診歴がある方も、ACCを初めて受診されるときは初診受付にお越しください。

注:詳細は国立国際医療研究センター病院「外来のご案内 」をご覧ください。

受診の流れ

受診の流れについては、以下でご確認ください。

  1. 初診の場合
  2. 再診の場合
    2-1 予約がある場合
    2-2 予約がない場合
  3. 他の科を受診したい場合
  4. 救急外来を受診したい場合

医療費について

  • 初診時にかかる費用は、特に症状のない方で診察と検査のみの場合、通常15,000円程度(健康保険を用いて3割負担の場合)です。追加の検査や処方が必要となる場合、その分の費用が発生します。紹介状のない方は、上記診療費とは別に、保険外併用療養費として5,400円(消費税込)が自己負担となります。

プライバシーについて

  • 待合室から診察室への呼び出しは受付番号(受付時に渡される「本日のご案内」に記載の番号)で行いますので、名前が呼ばれることはありません。
  • 各診察室は個室で、中での会話は待合室や隣の診察室には聞こえない構造になっています。
  • 医療従事者には守秘義務があり、法律上あるいは診療上必要な場合を除いて同意なしに院外へ個人情報を伝えることはありません。

外来受診の流れ

1. 初診の場合

1) 受付

  • 診療情報提供書(紹介状)および健康保険証等をご持参のうえ、平日の受付時間(8時30分から午後2時*)に初診受付で手続きを行ってください。初診受付の担当者に「ACC」あるいは「専門外来」を受診するとお伝えください。
  • ご持参いただいた診療情報提供書(紹介状)の原本および資料(X線フィルム・CD-ROMなど)はここで提出してください。
  • ここで渡される「本日のご案内」右上の4桁の番号が、この日の受付番号になります。

* 初診日は、全身の状態を把握するための診察・検査に長い時間がかかります。午後に初診の受付をなさった場合、必要な諸検査の待ち時間がより長くなる可能性 が高いほか、当日中にすべてを終えることができず翌日以降に再度ご来院いただく必要が生じる場合があります。できるだけ午前中早めの時間帯(11時まで) に受付していただくようお願いいたします。受診の際は診療情報提供書(紹介状)をご持参ください。

2) コーディネーターナースによるオリエンテーション

  • 担当のコーディネーターナースが初診受付に伺い、専門外来(ACC外来)までご案内します。
  • 専門外来の相談室で、当日の流れについてご説明します。
  • 必要時には、医療ソーシャルワーカーによる相談対応も行います

3) 専門外来カウンターで診察受付

  • 「本日のご案内」を専門外来の看護師に提出してください。
  • 体温・血圧・体重測定の後、待合室でお待ちください。

4) 医師による問診と診察

  • 名前のかわりに受付番号で呼ばれます。呼ばれたら、指定された診察室にお入りください。

5) 検査

  • 必要に応じて血液検査・尿検査・X線検査などを行います。
  • 症状や検査結果によっては他科(眼科など)を受診していただく場合があります。
  • 検査結果が出た後で医師による2回目の診察が行われる場合があります。

6) コーディネーターナースによる面接

  • 病気や治療の概要説明、日常生活上の注意点に関する面談を行います。

7) 会計手続き

  • 4番カウンターに「本日のご案内」と会計票を提出してください。
  • 会計完了のアナウンスがあったら、自動支払機もしくは5番カウンターで精算してください。クレジットカードでの支払いも可能です。

8) 薬を処方された場合は、薬局で薬を受け取ってください

  • 当院では、処方は原則として院外処方となります。

9) 帰宅

  • 次回以降の外来通院間隔は、それぞれの方の状態により異なります。

2. 再診の場合

2-1. 予約がある場合

1) 再来受付機(受付時間:8時から)に診察券を通し、診察受付

ここで出力された「本日のご案内」(A4用紙)の右上の4桁の番号が、この日の受付番号になります。

2)「本日のご案内」を専門外来カウンターの看護師に提出してください。

3) 体重・血圧・体温測定を行った後、院内でお待ちください。

  • 専門外来の待合室を離れる場合には、専門外来看護師に声をおかけください。
  • 診察の順番は、院内各所に設置してある案内表示板(大型ディスプレイ)で確認できます。受付番号が表示されたら専門外来の待合室にお戻りください。

4) 医師の診察

順番となったら受付番号をお呼びしますので、指示された診察室にお入りください。

  • お呼び出しした際に所在がわからない場合には、診察の順番が遅れることがあります。

5) 検査(血液検査・尿検査・X線検査など)、他科受診など

6) 必要に応じコーディネーターナース、カウンセラー(臨床心理士)、歯科衛生士、医療ソーシャルワーカーによる面接

7) 会計

4番カウンターに「本日のご案内」と会計票を提出してください。会計完了のアナウンスがあったら、自動支払機もしくは5番カウンターで精算してください。

8)薬の受け取り(処方がある場合)

薬局(自立支援医療を使用する場合は指定の薬局)に処方箋を提出して薬をお受け取りください。

  • 当院では、処方は原則として院外処方となります。

2-2. 予約がない場合

1) 外来は原則として予約制ですが、予約のない場合には外来棟1階の予約外受付(受付時間:8時30分から午後2時)に診察券を提出して手続きを行ってください。

  • ご来院いただく前に専門外来看護師あるいは担当コーディネーターナースまで電話連絡をいただけると、外来の準備がスムーズになります。

2)「本日のご案内」をACC専門外来カウンターに提出してください。

 この際に外来看護師に「受診理由」をお伝えください

3)以降は「予約がある場合」の3)以降と同じです。

  • 予約外受診の場合には診察医の指定はできませんのでご了解ください。
  • 当日の外来の状況によっては、待ち時間が長時間となる場合があります。

3. 他の科を受診したい場合

予約のない他科を受診したい場合には、ACC受診の受付を済ませた上でACC専門外来にお越しください。ACC外来で看護師に「他科受診希望」と伝えてください。1日に受診可能な科は、原則として2つまで(ACCを含め)となっています。

受付時間は8時30分から午後2時(一部の科は8時30分から11時)ですが、各科の事情により、当日の受診希望にお応えできない場合があります。また、各科の業務(手術・処置など)の空き時間での対応となりますので、特に午後の待ち時間がより長時間となる可能性があります。他科を受診したい場合には、できるだけ11時までに受付していただくようお願いします。

受診希望が前もって決まっている場合には、受診希望の科、相談したい内容を主治医あるいは担当コーディネーターナースに事前にご相談いただくことをお勧めします。

4. 診療時間外に受診したい場合

ACCでは休日・夜間もHIV感染症を専門とする医師による当直体制をとっており、必要な場合には緊急対応が可能です。ただし1名の当直医が病棟・救急外来両方を担当しており、また救急外来スペースは他科との共用ですので、他の患者さんの状況によっては長時間お待ちいただく場合があります。受診をご希望の場合には、まず診察券裏面に記載されている電話番号にご連絡のうえ、ACC当直医とご相談いただきますようお願いいたします。

診療時間外に行える検査は限られており、専門各科(眼科・耳鼻科・皮膚科・精神科など)への紹介も基本的にできません。処方日数は原則として1日となっており、院外薬局の営業時間外は処方できる薬剤の種類にも制限があります。このため、夜間に受診していただいた場合、当直医の判断により平日日中に再度受診していただくようお勧めする場合があります。

また当直医は、予約変更依頼や検査結果の問い合わせには対応できません。予約変更をご希望の場合には、受付時間内に予約センターまでご連絡ください。