からだ・こころ・くらし

HIV感染症の自然経過


 2021newsec1.jpg


①感染初期
急性期(感染直後の2~6週間後)に、HIVは急激に体内で増殖し、発熱・リンパ節腫脹・咽頭痛などのインフルエンザ様症状や、皮疹・筋肉痛が出る場合があります。いずれも数日~数週間で消失します。

②無症候期
セットポイントを過ぎると、その後数年~10年間は無症状の状態が続きます。症状がなくてもHIVは増殖を続けて、CD4数は徐々に低下していきます。

③AIDS発症期
HIV感染症が進行していくと、日和見疾患を発症しAIDSと診断されます。

 


 

著作権について

当サイト内のコンテンツ(文章・資料・画像・音声等)の著作権は、特に記載のない限り、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターまたは第三者が保有します。営利、非営利を問わず、当サイトの内容を許可なく複製、転載、販売などに二次利用することを禁じます。